stm32f303reとf303k8でLチカ

投稿者:

stm32のNUCLEO-F303REとF303K8でLチカをしたので備忘録。
GPIOピンからLチカしました。
HALドライバーを使っています。

使用環境

  • OS:Windows10 Home
  • CPU:i5-6200U
  • IDE:System Workbench for STM32
  • STM32CubeMX(初期コード作成に使用)

CubeMXでの初期コード作成

ボードの選択し、(以下はF303RE)
PinOut->Peripherals->SYS->Debug[Serial Wire]
PinOut->Peripherals->RCC->LSE[Clystal/Ceramic Resorator]
に合わせる。

左上のProjectからSettingを選び、ProjectNameを決め、Toolchain/IDEをSW4STT32に変えておく。

ここまで設定出来たら、ProjectからGenerate Codeを選択して初期コードを生成し終了。

Lチカコード

CubeMXにて生成した初期コードの中に、while文があると思うのでそこに

と書き込めば完了です。ここで、USRER CODE BEGIN~USER CODE ENDの間にコードを書き込んでいればCubeMXでこれは、A1ピンから出力が出るようになっています。

使用するGPIOピンは、CubeMXにて初期コードを作成する際に、下図のようにOutputにセットしておきます。(これはf303reのとき)

HAL_GPIO_TogglePinは

で、xにピンに割り振ってあるアルファベット、yに数字を入れる。

例えば、A0ピンから出力するなら

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください